加齢臭対策 石鹸で加齢臭を消す

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢臭対策 口臭と歯石 


加齢臭対策 口臭と歯石

口臭の対策は口の中を清潔にすることが一番ですが、毎日の
歯磨きだけでは不十分です。

どうしても歯磨きでは取れない部分があり、それが歯石と
なるのです。歯石は歯についた食べ物のカスなどが石灰化した
ものです。

歯石を取り除くためのグッズなども販売されていますが、
歯医者さんに行って歯石を除去してもらうのが効果的です。
歯石を取り除くことで口臭も改善することができます。

歯石は口臭だけではなく、虫歯の原因にもなります。
又、歯石についた細菌により歯周病の原因にもなります。

大人になると新しい歯は生えてこないのですから、今の歯を
大切にしたいものです。

口臭のためだけではなく、丈夫な歯をいつまでも保っておく
ために歯磨きをしましょう。

日常生活の中で人の口臭には気づきますが、自分の口臭には
気づかないものです。

お口の中を清潔にして、話しても臭わないお口にしたいですね。




スポンサーサイト

加齢臭の原因口臭 虫歯を治療する 

加齢臭の原因口臭 虫歯を治療する

加齢臭の原因に口臭があります。

口臭の原因、虫歯を放置しておくと口臭が強くなります。
口臭を消すためのサプリメントを使っても、原因となる虫歯を治療
しないと効果は得られません。

虫歯とは歯についた汚れがバイ菌によってとかされ起こるものです。

短期間で虫歯になることはありませんから、長期間放置していたことが
予想されます。

そのような人が口臭を気にするかと言いますと、意外と気に
しているのですね。

自分の口臭がどこから来ているのかをはっきりと自覚することから
はじめて、虫歯が口臭の原因であるならば虫歯治療をしっかりして、
口臭とさよならです。

毎日の歯磨きで虫歯予防と口臭予防をしましょう。


口臭を消してくれる食べ物 


口臭を消してくれる食べ物

強いにおいの食べ物を使った料理の後、牛乳を飲むと臭いを消
すことができるといわれています。

牛乳を飲みますと、悪臭のもととなるものを脂肪の膜で包んで
しまうことで口臭対策になるのだといわれています。

海藻類、昆布やメカブも口臭対策に良い食品として挙げられます。
昆布に多く含まれている「アルギン酸」は、唾液の分泌を促して
くれ、口内の細菌の増殖を防ぐ効果もあるようです。

酸っぱい食べ物、梅干しやレモンも口臭対策になります。なぜかと
いいますと、唾液の分泌を促すからです。

その他、パセリ、ローズマリー、バジル、ミントなども口臭を
防ぐのに効果的です。






自分の口臭が病的に気になる自臭症とは 


自分の口臭が病的に気になる自臭症とは


自臭症とは、自分で自分の口臭が病的なほど気になって仕方が
ないという病気のひとつです。

その自分の口臭が、周りに迷惑をかけていたり、周りの人々に
臭いと思われていると勝手に思いこんでしまいます。
他の呼び方として「自己臭恐怖症」という言葉もあります。

本来、口臭というのは、多かれ少なかれ、どなたにもあるもので、
食べ物や歯の磨き方、その時のストレスなどによっても、
口臭がしたり、しなかったりするものです。

過去に口臭や体臭を指摘されたことによって、ひどく気にするよ
うになってしまいます。

気にする度合いが異常なほどで、精神疾患のひとつとされています。
自臭症になってしまうと、うつ病も発症してしまう場合も少なく
ありません。

人と接することができなくなり、引きこもりになってしまったり、
ついには自殺をしてしまうケースもあります。

人は匂いひとつでも、このようにまでなるということ、
怖いことですね。

口臭が気になって仕方がないという方は、歯科で口臭を器械で
チェックしてもらえる所もあります。

自分の口臭が器械で計って、きっちりわかれば自分の口臭が
どれくらいのものか把握できて、口臭に対する恐怖感もなくして
安心できますね。

加齢臭対策 石鹸で加齢臭を消すトップへ


加齢臭対策 口臭の原因 加齢によるもの 


加齢臭対策 口臭の原因 加齢によるもの

加齢と共に身体の機能が衰えてきますが、匂いの原因も、
そのような衰えが原因となっていると考えられます。

睡液の分泌が少なくなってくるということもそうですね。
唾液の分泌が少なくなると口内が乾燥気味になってしま
い、口内に細菌が繁殖しやすくなり、においの元
になります。

肝機能も若い頃よりは低下しいきます。
肝臓は胃で消化されて腸によって栄養を吸収された食物
の匂い成分を分解する働きををしています。

肝機能が低下した状態ですと、この分解作用がうまくいか
なくなってしまい、匂いの物質が残ったままでてきます。

免疫力の低下もまた、口内の細菌を増やす原因になります。

予防法としては、今まで以上に歯磨きをしたり、肝臓をい
たわるような食生活、生活習慣を心がけるなどです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。